2018年07月02日

『感謝』お陰様で創業91年目を迎えました。

昭和2年6月29日の創業から、91年目を迎えました。これも一重に皆様のご支援の賜物と感謝致しております。引き続きの倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。91年の歴史の中で私が経営した期間は僅か10年です。それ以前の80年は初代の祖父、二代目の父、専務の母の苦労の歴史でもあります。ここまで小さい会社ながらも途切れずに続けてこれたのは並みの努力ではなかったでしょう。私はそんなことも知らずに、何不自由なく、むしろ贅沢(我儘に)にぬくぬくと育ってきました。ようやく、40歳で結婚をし幸運なことに子供にも恵まれました。今では娘2人、息子2人のお父さんです。情けないことに50歳手前になって、その苦労とありがたさがわかってきました。改めて、その苦労に感謝させて頂きます。今後は、100周年を目指し、社員一丸となって、誰も欠けることなく(円満退社は除き)、共に歩んで行く所存です。100周年を迎える時には、今よりもお客様に必要とされる、社員が誇れる会社になることを約束致します。

当社の合言葉 『ありがとう!90周年。共に目指そう!100周年。』

 ちなみに、大正元年(1912年)8月5日に、現在の東京有楽町マリオン地点で、タクシー自働車株式会社がT型フォード6台で営業を開始。運賃は最初の1マイル(1.6q)が60銭で、半マイル増すごと に10銭加算されたのが始まりだそうです。 米1升30銭の時代、当時としてはかなり高価な乗り物でした。タクシー登場前の市民の足は、人力車であったことを考えると、その価値は容易に想像できます。(福島貸切辰巳屋様HPより参照)


続きを読む
posted by 増田社長 at 00:36| 日記